■プロフィール

サッチ

Author:サッチ
せっかち、心配性、テレビっ子。
動物、甘い物、優しい人が好き
ときどきゲームとお裁縫

はち 
ウサギ ネザー 男の子
おっとり
2002年11月19日生

いくらちゃん
人間 女の子
おてんば
2007年7月5日生

■ここにいます

■最近の記事
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■メールフォーム

ご意見ご感想ご連絡は→コチラ

■最近のコメント
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■Bookmark

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
斜頸 その1
また少し間があきました。
実は2週間ほど前、はちが斜頸を発症しました。
今はだいぶ落ち着いてます。
少し長くなるかもしれませんがその時の事、書いておきたいと思います。

11/29(木)

お昼ごろからはちがケージから出てこないなあ、とは思ってたんです。
そろそろいくらちゃんのお迎えの準備しなきゃ、と思った午後2時ごろ。

はちの首が左に、左に、何度もクルクル回るように、向いている。
目がガクガクしてる。
ケージの隅っこで、怖そうに固まって動けないはち。

斜頸というものではないかと、すぐに思いました。
うさぎと10年も暮していれば、耳慣れた病気だけど、
まさかはちが・・・と。
病院に電話したら、午後の診察で診せて欲しいとの事でした。

いくらちゃんはこの日新体操の予定で、お友達のママが
「連れて行ってあげようか?」と言ってくれたのですが、、
帰って来たいくらちゃんははちを見たらかわいそう、と泣いてしまいました。
そして、新体操はお休みして、自分も一緒に病院へ行くと。

午後の診察時間に間に合うように、いくらちゃんと一緒に
高速で病院へ向かいました。

先生の診断はやはり突発性の斜頸との事でした。
斜頸はおもに、神経が侵されて発症する病気の症状です。
はちの場合、横揺れの眼振がある事から、末梢性の斜頸ではないかとの事でした。

今日はお昼ごろから牧草はおろか水さえも飲めなくなっているはち。
とりあえず食欲を出すために、症状を抑える薬の注射と
脱水を防ぐための輸液をして頂きました。
家で斜頸の根本治療のための投薬をまずは2週間してみて
それで様子を見ましょうとの事でした。

治る可能性は?との質問すると
すぐに治る場合、治るか良くなるけど後遺症が残る場合、悪化する場合、
の3パターンがあります、との事でした。

病院から帰ると、注射と輸液が効いたのか、ペレットをガツガツと食べ、
葉っぱの野菜を少しだけ口にしました。
ケージはバリアフリー仕様でトイレを撤去、牧草も野菜もばらまき方式、
ペレットや水は時々口元まで持って行ってあげました。
何とかケージ内での移動は出来るものの、
フラフラして行きたい場所にも動けない様子で、
何だか胸がしめつけられました。

その日からしばらく、いくらちゃんと私ははちのいるリビングに布団を敷いて寝ました。
横になりながら、
「10年も頑張ったもの、そろそろ覚悟しなきゃいけない、そんな時が来たのかもしれない。」
そんな思いが何度もよぎり、夜中に涙がポロポロ流れました。




やはり長くなりましたので、続きはまた別の記事にしたいと思います。




バリアフリーハウス。
あ、トイレ洗わなくていいじゃん、とこれが私も気にいって、
症状の落ち着いた今もそのままにしてあります。
どうせはちはトイレだけでおしっこするウサギじゃないからね。。(^^;
スポンサーサイト


テーマ:ウサギの日記 - ジャンル:ペット

はちの事 | 23:07:38 | Comments(0)
ヒーター追加しました
二日ほど朝方の軟便が続いたので、
シートタイプのヒーターを追加しました。

小さい頃に買ったプラスチックの物はツルツルして全く乗ってくれないので
ここ数年はパネルヒーターを使っていたけど、
直に触れるわけじゃないからすごく寒い日は暖かさが足りないのかな。

今日手話教室の帰りにペットショップをのぞいたら
硬めのビニールコーティングでソフトタイプのものがあったので、
早速買ってみました。



まだ乗ってくれませんけどね(^_^;)
暖かさに気付いたら乗ってくれるかなあ。

はちの事 | 14:28:17 | Comments(0)
10回目の誕生日

毎年誕生日におろす新しいかまくらで、
今年も衣替え(模様替え?)です。

はちの10歳の誕生日です。
とうとう大台に乗りました。
2~3歳の頃まではたびたびうっ滞を起こし、病院のお世話になる事もしばしばで、
季節の変わり目の度にヒヤヒヤしたものだけど、ここ5年くらいは病気一つせず。
しいてトラブルといえば、顔の周りの毛がもつれて毛玉になりやすい事くらいかな。

いくらちゃんが赤ちゃんの頃は、完全別部屋にしていた事もあり、正直目が届かない事もあったと思う。
それでもはちはマイペースに過ごし、年を重ねてくれた。
まあマイペースはうさぎ共通かもしれないけど(笑)

いくらちゃんが大きくなり、少し広い家に引越しをして、
一緒にリビングで過ごせるようになったのが本当に幸せ。
今日もはちのお昼寝姿に睡魔を頂きつつ…
お互いのんびりやっていこうね。



ズボッ

はちの事 | 12:18:15 | Comments(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。