■プロフィール

サッチ

Author:サッチ
せっかち、心配性、テレビっ子。
動物、甘い物、優しい人が好き
ときどきゲームとお裁縫

はち 
ウサギ ネザー 男の子
おっとり
2002年11月19日生

いくらちゃん
人間 女の子
おてんば
2007年7月5日生

■ここにいます

■最近の記事
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■メールフォーム

ご意見ご感想ご連絡は→コチラ

■最近のコメント
■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■Bookmark

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
斜頸 その2
11/30(金)

朝方でしょうか。。
驚く事に、症状がほぼ、見られなくなっていました。
この日は一日、ほぼ、普段通りの生活をしていました。

葉っぱもモリモリたべ・・・




部屋んぽして、窓辺でお昼寝。





でも、やっぱりそれじゃ終わらなかったんです。
症状がおさまっていたのは病院での注射が効いていたから。
また次の日には、斜頸の症状と、眼振が出てきました。
それとともに、食欲もどんどんなくなり。。

その後2~3日は、ペレットと、葉っぱを1~2枚。
気が向けばほんの少しの牧草を口にする程度になってしまいました。
「普段の食欲の半分以下だったら強制給餌も考えるので連れて来て」
と言われた先生の言葉を思い出し、今日は行こうかどうしようかと、ずっと考えていました。

少しでも栄養をつけて食欲を出して欲しい、と色々考えました。
水分を取らせるために、固いままでも食べるペレットをわざわざ水でふやかして与えたり
(何このフヤフヤなもの!と、いやそーな顔しながら食べてました。)
牧草はホームセンターではちの好きそうな柔らかそうなものを探してきました。
食べなくても、一日に何度でも新しい葉野菜を口元へ持って行きました。
たまに気が向けば、シャリシャリ食べてくれて、ほっとしました。



2日ほど、ブロッコリーの葉っぱしか食べない日があって、、
義理実家の畑から、急きょ当日便で送っていただきました。感謝。。。



毎日の投薬は本当に大変です。
液体と薬と粉薬と少しの水を足して、溶いてシリンジであげています。
保定が下手くそなのかもしれませんが、嫌がって暴れる暴れる。
ほんのちょっぴりなめてみたら、すんごく苦いお薬でした。
だんなと二人でやってるんだけど、
ふらついてるから、逃げようとした時にズコ!っとこけてしまったりして、
骨が折れる!離さないで!走らせないで!と毎晩大騒ぎ。


そうこうしているうちに、、、、、


本当に毎日少しづつですが、症状が治まり、それとともに食欲が戻って来ました。
そして発症から2週間たった今、
ケージの外に出る時間を少なくしている事と夜の投薬以外は
ほぼ以前の生活に戻りつつあります。



長くなりましたが、これまでの経過を書きました。
はちが斜頸になってから、色んな斜頸の情報をネットで調べました。
すぐに治ったウサちゃんもいれば、何年も闘病しているウサちゃんもいる。
お薬をやめると症状が出る、というウサちゃんも。
まだこれからどうなるかわからないけど、
はちはかなり運が良かったんだと思います。
毎日の投薬くらい、頑張らないとね。



明日、またいくらちゃんと一緒に再診に行って来ます。
スポンサーサイト


テーマ:ウサギの日記 - ジャンル:ペット

はちの事 | 11:49:09 | Comments(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。